子どもの矯正

歯並びの重要性

成長期にあたるお子さまの歯並びの矯正は、見た目を美しくするのはもちろん、正しい噛み合わせの基礎をつくる“予防歯科”の意味合いが大きくなります。
お子さまの矯正治療は、成人になってからの歯と口腔内の健康を守る大きな一歩となるのでおすすめです。

 

 

小児矯正のメリット

虫歯や歯周炎のリスクを予防する

矯正治療を行うことで歯並びが整い、毎日のブラッシングがしやすくなります。
これにより虫歯や歯周炎を予防するメリットがあります。

見た目のコンプレックスを解消できる

歯並びの悪さや出っ歯、受け口などは、感受性豊かな学童期の子どもにとっては大きなコンプレックスにもなります。
この時期に矯正治療を行うことにより、コンプレックスが解消し、明るく積極的な人格形成の助けになります。

永久歯が正しく生えるスペースを確保できる

学童期の矯正治療では、成人の矯正治療と違って、成長発達を利用して治療することができます。
これによって永久歯が正しい位置に生えるようスペースを確保することができます。

顎の骨の成長をコントロールできる

出っ歯や受け口などは、単純に歯の咬み合わせの問題だけではなく、顎の骨の状態が原因になるケースが多くあります。
小児矯正では、顎の成長バランスをコントロールすることで、正しい骨格形成を行えるのがメリットです。
当院では特に反対咬合の方にはなるべく早期の治療を進めています。

お母さま・お父さまの役割

小児矯正では、親御さまのご協力が不可欠です。当院では、お子さまの矯正治療に際して、親御さま向けにもさまざまなアドバイスをさせていただいております。
ご不明な点があればいつでもお答えいたしますので、お気軽にお尋ねください。

お子さまが矯正治療を受ける際には

いつもお子さまの口の中を見る習慣を

歯がきちんと生えているか、歯の数は足りているかなど、お子さまの口の中に関心を持っていつも見るようにしましょう。
気になることがあればいつでもお尋ねください。

仕上げ歯磨きをする      

矯正治療中は装置の関係でいつも以上に磨き残しが多くなりがちです。これを防ぐためにも、お子さまが歯を磨いた後で磨き残しがないかをチェックして、仕上げの歯磨きをしてあげましょう。

生活指導について

指しゃぶりや頬づえなどの生活習慣は、歯並びの悪さの原因になることがあります。
当院では、これらの習慣を改善していただくためのアドバイスをいたします。
また、舌や口周りの筋肉のクセも歯並びに大きな影響を与えるので、MFT(口腔筋機能療法)を取り入れた訓練も行っています。

※MFT(口腔筋機能療法)
舌で歯を押し出す、口を開いてしまうなど、舌や口周辺の筋肉のクセによって矯正治療がうまく進まなかったり、治療後の後戻りの原因になることがあります。MFTとは歯並び(歯列)を取り巻く筋肉の機能を改善する訓練法です。正しい咀嚼・嚥下機能の獲得を目標にしています。いい咀嚼・嚥下のためには正しい姿勢の獲得にも必要です。当医院では必要に応じてレッスンしていきます。矯正治療とMFTを行うことによって高い治療効果が期待できます。

矯正治療のゴール

「大人になったときに、きちんと噛める」ことを治療のゴールとして、お子さまお一人お一人に合った治療計画をご提案させていただいております。
成長期ということで、顎の骨や口腔内の状態がどのように発達していくのかを予測し、将来的なことを見越した上で、治療計画を立てます。

ガイドラインに沿った、正確性の高い診断

成長期の矯正治療は、お子さまが成人した際の状態を予測しながら、適正な治療計画を立てる必要性があります。
矯正専門医院である当院では、日本矯正歯科学会が定めるガイドラインに沿いながら、院長の知識や経験に基づいた診断を行い、より正確性の高い治療を行っております。

費用面・治療期間などは丁寧にご説明します

小児矯正においては、お子さまの成長過程によって治療期間が変化します。
また、矯正の内容によって費用も変わりますので、これらに関しては事前にしっかりとご説明させていただき、納得していただいてから治療をスタートいたします。
矯正治療のゴールについても、一緒に共有させていただきますので、ご安心ください。

  • 矯正専門医院のメリット
  • 矯正体験日記
  • みんなの声
  • 矯正治療のお悩み解決ガイド
  • Facebook
  • 矯正歯科医会
お気軽にご連絡ください