動画で見る矯正治療

上顎前突

いわゆる「出っ歯」です。
上顎前突症には、食べ物が噛み切りにくい、口が開いたままになるので、口腔内が乾きやすく歯周病のリスクが高くなることや、顎関節症になりやすいと言われています。
原因としては、指しゃぶりや爪を噛む癖、前歯を舌で裏側から押してしまうなど、日常の癖からなる場合と、骨格性のものがあります。

反対咬合・下顎前突

「受け口」とも呼ばれています。
下あごが前に出ていたり、下の前歯が前に出ている状態で、お子様であれば2~3歳ごろに検診で指摘を受ける場合があります。
乳児の段階で反対咬合でも永久歯では反対にならない場合もございます。
下顎前突や反対咬合は審美面だけではなく、噛む動きや飲み込む動きに問題を抱えていることも多く、そのままにしておくことはあまり望ましくありません。

開咬

オープンバイトとも言います。上下の歯を合わせた際に、前歯が噛み合わずに開いたままの状態で、前歯でも物を噛むことが困難です。

 

叢生

歯並びのガタガタや八重歯のことです。
歯の大きさや数に対して顎が小さいと、歯の並ぶスペースが取れずおこります。
叢生は歯ブラシが届かない、うまく磨けないことにより、歯垢が残りやすいのでむし歯や歯周炎に注意しましょう。

過蓋咬合

正常な歯並びの場合、いーと噛んだ時に下の歯の3分の2ぐらい見えるのが理想です。過蓋咬合だと、下の歯が全て上の歯で隠れてしまいます。

  • 矯正専門医院のメリット
  • 矯正体験日記
  • みんなの声
  • 矯正治療のお悩み解決ガイド
  • Facebook
  • 矯正歯科医会
お気軽にご連絡ください